更年期障害をしっかり対策して行きましょう~ラクラク症状改善~

ドクターとナース

早期発見・早期治療が必要

手

癌性胸膜炎は、胸膜に胸水がたまる病気ですが、発見しにくい病気です。早期発見・早期治療が望ましいので、少しでも身体の症状を感じたら病院を受診するようにしましょう。喫煙者は、胸膜炎になるリスクが高いので注意が必要です。

詳細を読む

大腸がんの早期発見

お医者さん

大腸がんの検査方法

日本人は食生活の変化によってがんによる死亡者数が胃がんよりも大腸がんの方が多くなっています。肉食が大腸がんの患者の増加に繋がっています。大腸がんは早期発見をして対策を行えば治る病気になっているので定期的に健康診断を受診することが重要です。大腸の検査方法としては潜血反応の検査が一般的です。便に血液が混ざっている場合には精密検査を受診することになります。精密検査には注腸検査と大腸内視鏡検査があります。名古屋でも大学病院や専門病院で受診することが出来ます。名古屋は都市化が進んだことで住民が肉料理を食する機会が多くなっているので大腸がんには注意が必要です。名古屋に拘わらず都市の方が農村より肉食の傾向が強いので大腸がんが増加しています。

ポリープ切除後の対応

注腸検査を行った場合にはその場でポリープの切除は行えませんので後日行うことになります。しかしながら大腸内視鏡検査を行えばポリープが見つかった段階でその場でレイザーで摘み取ることが出来ます。大腸内視鏡検査でポリープを切除した場合には切除後の状況によって対応が変わります。跡が残らないような状態であれば翌日から普通の生活が出来ます。出血をした場合にはクリップで留めるわけですが、アルコールや運動は二週間くらいは控えなければなりません。名古屋で治療したのであれば移動も市内に限って移動するくらいで遠方に移動することは同様に二週間は控えなければなりません。大腸内視鏡検査で切除してポリープは細胞を検査してがん化の有無を検査します。小さなポリープの場合はがん化していないのが普通です。

女性の更年期

多くの女性が悩まされる問題に更年期障害があります。更年期障害は女性らしさを司る女性ホルモンの分泌異常によって引き起こされるものですが、しっかりと対策を行なうことによって改善することが可能となっています。

頸椎の前弯と姿勢の関係

ナース

頸椎椎間板ヘルニアは、前弯の程度が大きいほど、発生し易くなる傾向があります。手や方などに違和感があったら、病院で検査を受けましょう。治療としては、保存療法と手術療法がありますが、すぐに手術療法を選ぶより保存療法からスタートするケースが多いです。

詳細を読む

最近の血管治療

医者

大阪のクリニックのような専門の医療機関を利用することで、ベストな下肢静脈瘤の治療が受けられます。下肢静脈瘤の治療は個人の状態によって適用が異なるため、専門医のアドバイスを元に慎重に選択することが大切です。

詳細を読む